お問合せフォーム
よくある質問

お客様にいただいた主な質問と回答をご紹介しています

気中パーティクルカウンタについて

パーティクルカウンタの校正頻度は。

粒子計数器(パーティクルカウンタ)は、ISO並びにJISにて、1年以内の校正周期が推奨されております。

ページトップへ ページトップへ
パーティクルカウンタの校正・修理は日本国内で対応できますか。

ニッタ株式会社は国内2拠点(奈良県・東京都)の体制で、校正・修理・点検作業に対応しております。
清浄度監視システムについては、サービススタッフが現地へ出向き、修理・点検作業を実施する オンサイト
保守サービスも承っております。

ページトップへ ページトップへ
パーティクルカウンタの校正にかかる日数はどれくらいですか。

機器の状態、交換部品、混雑時等で変動する場合はありますが、標準的な納期は2週間程度を頂いております。

ページトップへ ページトップへ
パーティクルカウンタを校正に出している間、代替器は借りられますか。

代替器の台数に限りがありますので、事前に予約していただくことをお勧めします。校正期間中の代替器は
有償にて承っております。

ページトップへ ページトップへ
パーティクルカウンタを使用する前に
フィルターを取り付けてのゼロチェックは毎回必要ですか。

毎回行っていただく必要はありませんが、濃度の高い環境を測定された後、
付属のフィルターを取り付けてパーティクルカウンタ内部のクリーニングを行い、次の測定を開始することをお勧めします。
また、いつも通りの測定結果ではない場合、付属のフィルターを取り付けて測定することで、
環境異常または機器故障の確認をすることができます。

ページトップへ ページトップへ
クリーンルーム以外の一般環境でも
パーティクルカウンタの使用は可能ですか。

パーティクルカウンタはクリーンな環境化の微粒子を計測するために設計された計測器となります。
各機種に最大可測濃度が定められており、それを超える環境化での測定は計測値の信頼性はなく、
機器内部を汚染することになりますので、ご使用はご遠慮ください。

ページトップへ ページトップへ
パーティクルカウンタの粒径表示 0.3, 0.5,1.0・・・とありますが、0.3μmの測定値は 0.3μm以上の結果ですか。

TSI社製AeroTrakシリーズは、積算値(Σ)と区分値(Δ)の両方を表示させる機能があります。
0.3μm以上の粒子数(積算値)と 0.3μm~0.5μm間の粒子数(区分値)を表示させることができます。

ページトップへ ページトップへ
パーティクルカウンタに消耗品はありますか。

パーティクルカウンタの主な消耗品は、半導体レーザーや吸引ポンプです。
また、内蔵プリンターをご使用される場合、プリンター用紙が消耗品となります。

ページトップへ ページトップへ
購入したパーティクルカウンタを海外へ持ち出すことはできますか。

パーティクルカウンタを海外へ持ち出される場合、「輸出貿易管理令・外為法に関する判定書」(非該当証明書)を
発行させていただきます。ご利用時はニッタ㈱担当窓口へお問い合わせください。

ページトップへ ページトップへ
清浄度クラスの分類について、よくわからないのですが。

清浄度クラス分類表を参照pdf

ページトップへ ページトップへ

その他お問合せ

上記のほか、ご不明な点がございましたらお手数ですがフォームまたはお電話でお問合せください。

その他お問合せ

上記のほか、ご不明な点がございましたらお手数ですがフォームまたはお電話でお問合せください。

Copyright © 2014 NITTA Corporation All Rights Reserved.