お問合せフォーム
気中パーティクルカウンタ

パーティクルカウンター(微粒子計測器)測定原理

パーティクルカウンター(微粒子計測器)測定原理

気中パーティクルカウンター(微粒子計測器)の測定原理は、粒子にレーザー光が当たると散乱光を発します。大きい粒子ほど散乱光は大きく、その散乱光をフォトダイオード(受光素子)で検知し、電圧信号に変え、粒径は電圧信号の強さで判定されます。粒子の個数は、電圧信号の数の多さで判定されます。これを光散乱方式といいます。

光学系構造

光散乱方式のパーティクルカウンターは、標準粒子(真球)のパルス髙に対して粒径しきい値を設定しています。標準粒子の屈折率が基準となっています。
パーティクルカウンターは、どのような形状、密度の粒子であっても、真球の標準粒子の光散乱強度とみなして計測しています。

(TSI 社製 パーティクルカウンター)

Model 試料空気流量 計測粒径区分 タイプ
9110 28.3L/min 0.1/0.15/0.2/0.25/0.3/0.5/1.0/5.0μm ポータブル
9310 28.3L/min 0.3/0.5/1.0/3.0/5.0/10μm
9350 50L/min 0.3/0.5/1.0/3.0/5.0/10μm
9510 28.3L/min 0.5/0.7/1.0/3.0/5.0/10μm
9550 50L/min 0.5/0.7/1.0/3.0/5.0/10μm
9500 100L/min 0.5/0.7/1.0/3.0/5.0/10μm
9303 2.83L/min 0.3/0.5(1.0/2.0/2.5)/5.0μm ハンドヘルド
9306 2.83L/min 0.3/0/5/1.0/3.0/5.0/10μm
RecDus-501 2.83L/min 0.5/5.0μm 無線ポータブル

仕様表は横にスクロールしてご覧ください。

気中パーティクルカウンタ

アフターサービス(校正・修理)について

修理・点検・校正作業は、ニッタ㈱奈良工場および東京サービスセンタの2拠点で対応しています。微粒子計測器の分野で30年以上の経験を持ち、知識、情報、専門的な技術を蓄積してきました。ニッタ独自の技術力で、優れたメンテナンスサービス体制を構築しています。

詳細はこちら

Copyright © 2014 NITTA Corporation All Rights Reserved.