お問合せフォーム
院内感染対策 製品一覧

検査方法

検査方法

医療器具
  • 医療施設の清浄度検査を簡単に行えます。
  • 見えない汚れが見えます。
  • 手頃な価格でだれでも簡単に使用できます。
  • 院内感染対策に便利です。

実用例

ベッド
  • CDC(アメリカ疾病予防管理センター)の「環境清掃を評価する選択肢」において、「ATP検査」は“環境表面”“洗浄評価”の評価手法のひとつとして位置づけられています。
  • NHS(英国の国民健康保険サービス)が実際の病院で長期間モニタリングを行ない、清掃方法の改善により、ATPの平均値を低下させ、院内感染率の低減につなげました。

CDC(アメリカ疾病管理予防センター)の推奨検査場所

CDC(アメリカ疾病管理予防センター)の推奨検査場所

高頻度接触部

  • ベッド周辺
  • 電話(受話器とボタン)
  • 椅子
  • 電気スイッチ
  • シンクの上
  • トイレのレバー
  • TVのリモコン
  • ドアノブ

トイレ周辺

  • シンク
  • トイレの電気スイッチ
  • ドアノブとレバー
  • トイレの手すり
  • 便座
  • トイレのレバー
  • 便器の洗浄用具

その他の対象場所

  • IVポンプ制御盤
  • モニター制御盤
  • モニタータッチパネル
  • モニターケーブル
  • 空調制御盤
  • 移動台車(カート)

患者の周辺

  • ベッドの横板
  • トレイテーブル
  • 電話ブース
  • 電話機
  • ベッドサイドテーブル
  • 患者用椅子
  • IV ポール

検査方法の詳細はこちらの資料をご覧下さい→院内感染対策にATP検査を導入する際の手引き

院内感染対策 製品一覧

院内感染対策 製品一覧

Copyright © 2014 NITTA Corporation All Rights Reserved.